不貞行為(浮気)の証拠の集め方

相手の浮気が原因で離婚、というのはよくあるケースです。しかし話し合いで決着が付かず調停までもつれた場合、相手が浮気していたことを証明するための証拠を提出しなければなりません。とはいえ、素人による証拠集めには限界があるものです。有効な証拠を揃えるためにはどのように行動すべきなのか確認し、慎重に行動するよう心がけましょう。

調停における浮気とは

法律によって浮気と定義されていること、それが不貞行為です。

いきなり浮気が発覚する、といった事態は稀です。大抵の場合は小さな疑いから始まり、それが徐々に膨らんで離婚という結論に至るのです。相手が浮気しているのではないかと思っても、感情的に問い詰めるのは厳禁です。もし浮気が誤解だった場合、疑われたという事実が夫婦の関係を悪化させてしまう可能性が高いからです。浮気が真実だった場合でも、相手が素直に答えてくれるとは限りません。問い詰めるだけでははぐらかされてしまうケースも多いのです。

建設的な話し合いを行い、調停や裁判に備えるためには、浮気を問いただす前にその証拠を集めておくことが大切なのです。

ここで大切になるのが、法律における浮気の概念です。浮気の範囲は人によって異なります。異性と食事をしたら浮気と考える人もいれば、性行為に至らければ浮気ではないと考えている人もいます。話し合いによって離婚する場合は夫婦お互いの基準で進めればいいのですが、調停や裁判で争うときは法律が基準となります。

不貞行為の具体的な内容

不貞行為とは、配偶者がいる人が、配偶者以外の異性と自由意思によって肉体関係を持つことをいいます。貞操義務違反と呼ばれることもあり、法律によって認められた離婚事由の1つです。裁判の判例では、不貞行為とは一定期間中に複数回に渡って性交渉を行うこととされており、有効な証拠を集めるためには、この不貞行為の証拠を掴むことが必要になるのです。

常識的に考えれば浮気だが、不貞行為には当たらないという場合もあります。例えば肉体関係がない場合。親密なメールをやり取りしたりデートをしたり、キスをしたりという行為は浮気と考えることは可能でも、法律で認められた不貞行為にはあたりません。不貞行為になるのはあくまで肉体関係がある場合なのです。

また、肉体関係があってもそれが1度きりの場合は、不貞行為とは認められても、法律で定められた離婚事由とは認められない可能性があります。法律が離婚事由とするのは、その行為によって夫婦関係が破綻したと分かる場合だけだからです。

不貞行為の証拠となるもの

不貞行為を証明する証拠には、どのようなものがあるのでしょうか。最も有効なのが写真や映像です。配偶者と浮気相手がベッドの上で裸でいる写真などがあれば決定的ですが、そうしたものが残っている可能性は限りなく低いです。

何度もラブホテルに出入りしている写真や、日帰りでは戻れないくらい遠方に2人で写っている写真、浮気相手の家に何度も出入りしている写真などは、証拠として使える可能性が高いです。単に2人でいる場面ではなく、宿泊したことを示す写真を集めることが大切になります。ラブホテルなどの領収書は、肉体関係があったことを匂わせる強い証拠になります。ただし誰と入ったかまでは分からないので、浮気相手に慰謝料を請求する証拠としては使えません。

不貞行為の証拠にならないものも押さえておきましょう。メールやLINEのやり取りで浮気が発覚するケースは非常に多いですが、これらは法的に有効な証拠にはなりません。よほどあけすけなやり取りをしていない限り、異性と交流していることは証明できても、肉体関係があることを証明することはできないからです。

素人による証拠集めは可能か

自分で証拠を集めようとする人がいますが、これはおすすめできません。素人による浮気調査はどうしても限界があるからです。

そもそも浮気は隠れて行うものです。配偶者はしっかりと周囲を警戒しています。後を付けようにも、相手はこちらの顔を知っているのですから気付かれてしまう可能性が高いのです。なにより尾行は非常に難しく、気付かれなくても見失ってしまうことも多いからです。こちらが浮気を疑っていると気付けば、配偶者は浮気行為を控えるようになるかもしれません。そうすれば証拠集めは更に難しくなってしまいます。

ラブホテルに出入りしている写真を撮ろうとする人もいますが、配偶者と浮気相手がいつどこのラブホテルを利用するかは分かりません。仮に上手く情報を掴んで写真を撮ることができても、二人がはっきりと写っている写真を撮るのは難しいでしょう。構図や設定など、写真にもテクニックが必要だからです。

そして何より、配偶者の浮気現場を探るのは精神的に大きなダメージを負います。証拠集めに躍起になるあまり、うつ病などになっては元も子もありません。

探偵に依頼するメリット

証拠集めは探偵に依頼するのが一番です。探偵であれば顔を知られていないので、配偶者に気付かれることなく調査を進めることができます。ノウハウもあり、必要に応じて複数人で動くので、見失ってしまう心配も低くなります。写真に関しても、必要な機材やテクニックを有しており、かつ有効な証拠の要件を熟知しているので、証拠能力のあるものを撮ることができます。

何より探偵による調査報告そのものが、裁判で有効な証拠になり得ます。ただし探偵事務所の中には調査の腕が十分でなかったり、悪質なところも存在するので、依頼する前にしっかりと情報を集めて依頼先を決めるようにしましょう。実際に契約を交わす前に、調査報告書の見本や、具体的な調査方法、費用について確認することが大切です。

離婚調停における証拠の使い方

証拠を持って離婚調停に臨む際、いきなり手の内を全てさらけ出さないようにしましょう。「こちらは全て分かっている」と配偶者に分からせたいあまり、最初に全ての証拠を出してしまう人もいますが、これは賢い方法ではないのです。

離婚調停は、調停員が入るとはいえあくまで話し合いの場です。調停員はお互いの話を聞いて落としどころを探るのが役割で、どちらが悪いという判断を下すわけではないのです。つまり証拠を出しても、相手を一方的にやり込めることはできません。大切なのは、こちらが正しいのだと分かってもらうこと。調停になったのですから、配偶者は慰謝料の支払いを回避しようと嘘を吐きます。あとでそれが嘘だと示すことができれば、調停員の心証はこちらに大きく傾くはずです。

離婚調停で証拠を全て見せないようにするもう一つの理由が、裁判に備えるためです。調停でも決着が付かなければ法廷で争うことになりますが、手の内を相手に見せていない方が、裁判を有利に進めることができます。仮に相手が弁護士を立てたとしても、こちらがどんな証拠を掴んでいるか分からなければ、弁護が難しくなるのです。

集めた証拠は賢く使おう

配偶者の浮気は辛く悲しいことですが、感情に任せて行動するのではなく、冷静に証拠を集めることが大切になります。素人の証拠集めはどうしても限界があるため、必要に応じて探偵に依頼するようにしましょう。その際は信頼できる事務所を選ぶことを忘れてはいけません。
集めた証拠はすぐぶちまけるのではなく、出すタイミングを見計らないながら賢く使うことが肝心です。