離婚の3つの種類

せっかく結婚した夫婦でも、どうしても各家庭ごとに事情があり、夫婦仲が悪化する事があります。それでも我慢して家庭生活を送る夫婦も多くいます。特に現代のような、不況下では、離婚してシングルマザーになっても子育てに自信がないと言う妻側の悩みは大きいはずです。また、夫側も、日本経済が不安定な中、いつ自分の勤め先が倒産するかも分からない状態です。離婚しても、養育費や慰謝料を支払い続ける約束を交わすのは難しいところでしょう。それらを考えてもまだ、やはり離婚をする夫婦は一定数います。離婚が避けられない場合は、なるべく穏便な方法で別れましょう。離婚の種類は大きく3つに分けられます。

まずは協議離婚です。この方法は割と摩擦の少ない離婚方法でもあると言えるでしょう。そして調停離婚、裁判離婚の3種類です。協議離婚は、夫婦同士での話合いで、離婚の合意をして、役所へ離婚届けを出す最も一般的な方法です。離婚の約9割が、協議離婚によって完了しているという事です。調停離婚というのは「夫婦間での話合いが決裂」して、合意に至らなかった場合に使われる手段です。家庭裁判所へ申し立てを行い、調停委員という第三者を挟んで話合いをする場を作る方法です。

裁判離婚というのは、通常の民事裁判などと同じように、家庭裁判所に訴えを提議する事です。法律的な知識が必要な為、妻側、夫側両者ともに弁護士をお願いしないと離婚訴訟は難しいでしょう。裁判離婚まで至ると、金銭的にも負担が大きく、離婚訴訟の長期化が予想される為、一般の方は離婚裁判を避ける方向にあります。

Comments are closed